黒ずみケアクリームの選び方がわからない!

デリケートゾーンや脇などの黒ずみに悩む方はクリームを使うのがおススメです。

しかし、黒ずみをケアするクリームには色々な種類があり、どれを選んだら良いのか迷ってしまいます。

そこで、黒ずみをケアするクリームの選び方を紹介します。

黒ずみケアクリームの選び方のポイント1つ目は、無添加のものを選ぶことです。

特にデリケートゾーンに塗るものとして添加物は刺激となりトラブルを悪化させてしまうリスクを高めます。

添加物によるかぶれ、かゆみ、アレルギー反応が起こることもあり、黒ずみの改善を阻害します。

黒ずみが出来やすいデリケートゾーンや脇は刺激に敏感な部分でもあるので添加物が入っていない黒ずみケアクリームを選ぶのが良いのです。

黒ずみ改善には余計な刺激や負担を与えないことが大切です。

添加物は黒ずみの改善効果を半減させてしまうので、無添加の黒ずみケアクリームを選んで使うことで優しくアプローチすることで綺麗にしてくれる働きを徐々に高めてくれます。

黒ずみケアクリームの選び方2つ目のポイントは美白、抗菌抗炎症、保湿成分が入っているものを選ぶことです。

黒ずみのケアには使われている成分も確認します。

そのため、どんな成分が黒ずみにどのように働きかけてくれるのかを知っていく必要があります。

美白成分としてプラセンタ、ビタミンC誘導体、米ぬかエキスが挙げられます。

抗菌抗炎症成分としてグリチルリチン酸2K、天然ビタミンE、ビサボロールが挙げられます。保湿成分としてヒアルロン酸が挙げられます。

美白成分、抗菌抗炎症成分、保湿成分の3つはデリケートゾーンや脇の黒ずみ改善には必要不可欠なものです。

黒ずみを引き起こす原因としてメラニンがあります。メラニンの働きを抑制させることが黒ずみの改善につながり、抗菌抗炎症成分や美白成分でメラニンの生成を抑えます。

メラニンが作られる働きを弱めることは黒ずみが出来たことによって乱れたターンオーバーを正常に取り戻してくれます。

ターンオーバーが上手く行われると黒ずみにつながる古い角質が剥がれやすくなり、黒ずみの予防になります。黒ずみの改善には保湿も必要です。

肌が乾燥状態になると刺激を受けやすくなり肌を守る機能も低下して、メラニンの生成が活発になります。

保湿成分を肌に与えて潤いを与えることで肌を柔らかくして、バリア機能を正常に戻し、刺激から肌を守ることで黒ずみ改善効果につながります。

黒ずみの原因をやっつけるだけだったり、美白効果のある成分を与えるだけでは黒ずみの改善効果を上手く引き出すことはできません。

抗菌抗炎症、美白、保湿の3つのステップで黒ずみの原因にアプローチして肌に潤いを与えて黒ずみを薄くして改善へと導きます。

よって、デリケートゾーンや脇の黒ずみをケアするには無添加のものを選ぶこと、美白成分、抗菌抗炎症成分、保湿成分の3つの成分が使われているものを選ぶことの2つのポイントを押さえることが大切です。

黒ずみの原因を排除し、メラニンの働きを抑えて、保湿によって肌バリアを高めてデリケートゾーンや脇の黒ずみの改善効果を最大限に引き出しやすくします。

参照:ハーバルラビットの効果とは?