Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

肌トラブルのくすみの原因である糖化とは?

光老化による肌の老化はすでに知られていますので、紫外線対策をしっかりしている女性も増えてきました。
日焼対策をばっちりしているのになんだか肌に透明感がない、くすんで見えるといった肌トラブルが年齢と共に増えてきますが、これの原因の一つが糖化と言われています。糖化は体のコゲとも形容されるように、タンパク質がコゲて変色してしまうのです。そのため糖化が原因で肌の透明感がなくなり、くすんだようになってしまうのです。くすんだお肌はそれだけでも老けて見えてしまいます。

ただくすむだけならまだ良いでしょうが、糖化したタンパク質は一度生成されるとなかなか分解されません。そのためターンオーバーを悪化させて、メラニン色素などが代謝されにくくなってしまいます。他のトラブルを引き起こす原因が糖化にはあるため、美肌にとっては糖化は天敵とも言えますね。

糖質は本来エネルギーとして使われているため、糖質がないと頭や体の働きが衰えてしまいます。ですから全く摂らないわけにはいきません。ですが摂りすぎた糖質はタンパク質と結合してAGEsと言われる劣化したタンパク質になってしまいます。人の体はタンパク質でできていますので、摂りすぎると体の至る部分でAGEsが生成されてしまうということなのです。糖質は摂らずにはいられませんが、気をつけないとAGEsが悪さをしてお肌のくすみだけではなく色んな影響があるのです。肌の老化だけではなく、脳や目、骨、関節など至る所に影響を及ぼします。つまりお肌だけではなく健康で若々しくありたいのなら、糖質に気をつけることは重要です。

糖化の進行は高血糖な状態が続くほどに、生成されやすくなります。つまり1日三食から摂る糖質を気にするよりも、1日のうちだらだらと食べるお菓子のような間食のほうが要注意だということなのです。どんな食品にも糖質は含まれていますが、食べ方に気をつけることも大切です。

日本人の主食であるお米のような炭水化物は糖質の多い食品です。まず食事を食べる時には野菜などを先に食べたり、お米を食べる時には納豆やとろろなど粘り成分のものと食べることで、糖質の吸収をゆるやかにすることができます。食べすぎを防ぐためにゆっくり噛んで食べることや、間食を摂る時にはだらだら食べずに時間や量を決めることなども大切です。

さらに血糖値を下げる為に効果的なのが軽い運動です。食後はごろごろと過ごすよりも、さくさくと家事をこなしたりして動くことで、血糖値が上がり過ぎないようにして、糖化の予防をすることもできます。

お勧めの美容食品:プレミアムスリムビオ最安値キャンペーン中!?