Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

15年ぶりに高校の同窓会に出てアンチエイジングを決意した

先日15年ぶりに高校生の時の同窓生に出席しました。

みんなアラサー過ぎのいい年齢です。

お互い専業主婦なのに、見た目は私のほうがずっと年上に見えました。

私は今年で33歳ですが、すっかりとおばさん化していることに気づいていませんでした。

こんなにも私だけが、おばさんになってしまっているだなんて。

ショックでひどく落ち込んでしまいました。

友人はとても若々しかったのです。

まだ結婚していない人もいるのですが、

結婚をして子供がいるといないとでは、見た目年齢

その時思いました。私自身、とても年をとったと感じたのです。

そしてこのままではいけないと思いました。

アンチエイジングケアをしないといけないと思い始めたのです。

今のままのスキンケアではいけないと気付いたのです。

今使っている化粧品をやめて、アンチエイジングケア用の化粧品にしたのです。

肌の乾燥もなくなったし、部分的にべたつくこともなくなりました。

まだ30代前半という歳ですが、すでに頬にはかすかなたるみがありましたが、

そのたるみが改善されてきたのです。

年と共にたるんできた肌が、ピーンと引き締まってきました。

ずっと気になっていたシミも、心なしか薄くなったように思えるのです。

今までしてきた若い頃と同じスキンケアでは、肌の状態は変わる事はありませんでした。

ずっと現状維持だったのです。でもそれではいけないと気付いたのです。

自分のお肌の老化や身体の老化に気づいてから、

食事、運動、そしてスキンケアと気を付けるだけでも、

お肌の若返りを作っていくことができます。

現状のやばさに気づくことが一番大事なのかもしれません。